東京背脂ラーメン/平太周味庵で「爆盛油脂麺」を実食レビュー

hirataisyu1

らーめん平太周

東京で以前から食べたい食べたい!と恋焦がれてマークしていた背脂コッテリのラーメンを今回やっと食べることが出来たので、そのラーメンについて画像とともに実食レビューしていきたいと思います。

 

そのラーメンとは、平太周 味庵爆盛油脂麺」です!正確にはラーメンでは無く油そばの部類ですね。言わずと知れた背脂たっぷりの超こってりラーメンや油そばで有名なお店です。

 

本店は五反田・大崎広小路にあり、今回は江東区にあります西大島店の方に行って来ました。それではお店情報と共に、爆盛油脂麺についてレビューしていきます!

平太周味庵 西大島店のアクセス・雰囲気

【平太周 味庵 西大島店】

住  所  

東京都江東区大島4-2-4

アクセス  

都営地下鉄 新宿線「西大島駅」A4出口より、徒歩1分

西大島駅から142m

営業時間 

[水~月] 11:30~23:30

※定休日 火曜日

 

時間は20時過ぎ頃、先客は4名、後から2人来て、6割方の客入りといったところです。お昼は行列も出来るようですがこの日は空いていて超ラッキー。店内はカウンターのみで、店内入って左手にある券売機で最初に食券を購入します。もちろん注文するのは、爆盛油脂麺(880円)で迷いなし

 

カウンター前には、脂の量ニンニクの量増減が可能である旨掲示されています。お店が出来たのはそこまで昔ではないはずですが、なんだかすごい年季が入っているように見えます。

tennai

好みを聞いてくれる

食券を店員さんに渡す時に、二郎系にありがちな中国産のニンニクではなく、青森県産のニンニクということなので多めにしてもらうよう注文しました。背脂も多めにしようかと思いましたが、初めての挑戦ということもあり、そこは自重しました。

 

調理工程を見ていると、茹で上がった麺を丼に入れて、大量の植物性脂を投入し、背脂をチャッチャ、よく混ぜ混ぜした後、トッピングをしてその後駄目押しの背脂チャッチャ1回でも十分な量を、2回繰り返していました。これはもう間違いなくとんでもないほどの脂が入っているのは間違いないでしょう。いやがおうにも期待が高まりますね。

平大周味庵の爆盛油脂麺を実食

そして登場した爆盛油脂麺がこちらです!爆盛油脂という凄いネーミングにまったく恥じない見た目となっています。これはもうこの名前しかありえないように感じてきます。

men

爆盛油脂麺

まさに、降り積もる雪のようにたっぷりの背脂がかかっています。気になる麺量ですが、極太麺2玉で400gもあるとのこと。これは大食いの人も大満足の麺量ですね。早速、麺を啜って(というかかぶりついて)いきます。

 

極太麺はかなり太めでモチモチしつつも、しっかり芯とコシが感じられる噛み応えでしっかりの茹で上がりです。背脂に目が行きがちですが、この麺がまた旨い!食べごたえがありすぎて、400gを食べきれるのか一瞬不安がよぎります。濃いめの醤油タレも麺によく絡み、大量の背脂が一口ごとにしっかりまとわりついてきます

 

食べてみると意外にコッテリしていない。。。

 

なんてことはまったくありませんのでご安心ください。「これや!これが喰いたかったんや!」と思わず叫びだしたくなるくらいの背脂のパンチ力なんだか今日はガツンとしたコッテリしたものが食べたいな、と感じている老若男女全ての者を納得させる破壊力があります。

 

乗せられたトッピング類はネギ・煮卵・大判チャーシュー・ほぐし豚特にチャーシューは冷めた状態で乗ってきますので、丼の底に沈めて温めておいたほうが良いでしょう。

 

卵は半熟ではなく、どちらかというと固めの仕上がりになっています。また、爆盛油脂麺を注文した人には、こちらの味変アイテムが特別に提供されます。

basket

爆盛油脂麺用の味変アイテム

この背脂ギトギトのところにマヨネーズや粉チーズを追加する度胸はなかったので、さっぱりした刺激を足すために、山椒マスタードを試してみました。マヨネーズ+粉チーズでさらに上の世界も目指せるので試してみたい人はぜひどうぞ。

 

私のおすすめは山椒ですね、背脂コッテリの中に爽やかな清涼感が生まれ、後半もするするといけます。あっさりさも入れた方が逆にこってりの旨さも分かるってもんです。

 

終盤に温まったチャーシューを底から取り出してみると、箸で持ち上げただけで崩れてしまうほどトロトロになっていました。本来はこんなに美味しいんだから、もう少し温めて提供してくれてもいいのにな、と思います。でもまあ美味しいので問題無し!大判でトロトロ柔らかく最高ですね。



調子よく美味しい美味しいと食べていた私ですが、最後の3・4口くらいのところで急にドスンと胃袋に衝撃が走りました。今まで美味しさで忘れていましたが、脂がボディーブローさながらしっかりと胃袋にダメージを与えてきていたのです。

 

最後の方は丼の底が油でこんなことになっています。えげつないほどの背脂・植物性油が入っているのが良く分かります。これをむしゃむしゃ食べたらすごい脂の摂取量になりますね。背脂好きには絶対に後悔させない逸品ですよこの油そばは。

men2

底にたっぷりの脂

少し脂がきつくなってきたヘボい私は先述の山椒を駆使しながら、何とか完食しました。二郎系ラーメン同様、完食時には謎の達成感がありましたね。残さず食い切ってやったぜ!と少し誇らしい気持ちになりました。

平太周味庵 爆盛油脂麺レビュー まとめ

hirataisyu2

お店外観

確かに後半きついのはきついですが最高に美味しいのは間違いありません。こてこての背脂ラーメンや油そばが食べたい!と思っている人はまず間違いなく満足できると思います!

 

しかし、余りの背脂の破壊力に、この後連食しようと思っていたすぐ近場のこれまた背脂たっぷりの有名ラーメン店「ラーメン潤」には行けず。。しかし、次の日にちゃんと行きましたので背脂好きの方はその記事もぜひ見て下さい。



【関連記事はこちら】

▶ 東京背脂ラーメン/らーめん潤の岩のりらーめん大油を実食 を読む

 超有名チェーン店油そば専門店「春日亭」で油そば実食レビュー を読む

▶ 京都の超有名二郎系ラーメン7店各店舗実食レビュー を読む

▶ 背脂と煮干しの融合!セアブラノ神に行ってきた を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA