【金魚ミュージアム】常設奈良のアクセス・料金・魅力を写真で徹底レビュー

kingyo-last

今回は、奈良県は奈良市にあります「奈良祭都」で常設展示されている金魚ミュージアムに行ってきました。『奈良祭都』とは、奈良県にある屋内型和風テーマパークであり、商業施設「M!Nara(ミ・ナーラ)」の4階にあります。

 

ミ・ナーラの他の階にはラウンドワンが入っていたりなど、お買い物に遊びにと1日中楽しめる商業施設になっています。それでは金魚ミュージアムのアクセス情報や魅力・見どころをたくさんの美しい画像とともにレビューしていきます。

金魚ミュージアムがある「奈良祭都」ってどんなスポット?

奈良祭都

【住 所】

〒630-8012

奈良県奈良市二条大路南1-3-1 4F

【電 話】

0742-32-5133

 

ちなみにメインで紹介する金魚ミュージアムの他にも、忍者タウン・縁日エリア・無料遊園地など「奈良祭都」には遊べるスポットがたくさんありますよ。

金魚ミュージアムとはどんなスポット?

金魚ミュージアム

【営業時間】

平日/10:00-20:00

土日・祝日

10:00~20:00
※ 最終受付は閉店時間15分まで

【入場料】

大人 1,000円(中学生以上)小人 700円(4歳~小学生)/シルバー 700円

障がい者 700円(各種手帳提示、介助者1名無料)/3歳以下 無料/ガイド 無料

 

奈良県は日本三大金魚の産地のひとつとして数えられるほど金魚で有名な地域なのです。そしてそんな奈良県に初めて出来た常設の金魚ミュージアムがこちらのスポットというわけです。

 

その金魚ミュージアムでは、様々なアーティストによって艶やかに表現されたアート空間を体験することが出来ます。

 

アートはなんと約44種類!そして、1,000匹ほどの金魚が7つのお部屋で訪れた人々を魅了します。入場料1,000円は果たして安いのか・高いのか。このミュージアムを出た後に決めましょう。

金魚ミュージアムを画像とともに紹介

まず入ってすぐに出迎えるのは、令和を祝うモニュメント。こちらは土台が金魚用の水槽になっています。やはり金魚は和の装飾と相性がいいですね。入って早速見とれてしまいます。

kingyo-reiwa

おめでたいお出迎え

続いては少し広い空間に設けられた金魚の展示。こちらはどちらかというと、アート空間というよりは金魚自体の魅力に迫る展示のようです。画像には映りきっていませんが、壁面に水槽がびっしりと並んでいます。

kingyo-1

シンプルな展示

シンプルなスタイルの展示。1つ1つに異なった種類の金魚が泳いでいるのでじっくり楽しめます。

kingyo-2

水槽内

金魚もゆったり楽しそうに泳いでいます。とまあここまでは正直想像の範囲内。金魚ミュージアムは大体こんな感じの展示があと何か所か続いて終わりなのね。。とその時の私は思っていました。

 

しかし、次のコーナーからこの金魚ミュージアムのポテンシャルに驚かされることになります。

kingyo-flower

一面花で彩られた展示

インスタ映え間違いなしの壁面を覆ったフラワー空間!そしてその壁からところどころ飛び出す水槽で泳いでいる金魚たち!いきなり雰囲気ががらっと変わるコーナーが現れましたよ。

kingyo-flower2

あくまでちゃんと金魚の展示

画像内だけで3匹ちゃんと泳いでいます。ちゃんと金魚の展示です。

kingyo-flower3

金魚はどんな気持ち?

やっぱりちゃんと泳いでる。

 

これには他のお客さんも「うわー!すごい!」と歓声をあげておられました。実際にそこに行くと華やかな空間に圧倒されますよ。そしてまだまだ驚きは続く。。

kingyo-room

フォトジェニックなメルヘン空間

次に訪れたコーナーはこれまたメルヘンなアート空間です。

 

もちろんちゃんと金魚も泳いでますよ。手前にも奥にも。このソファーに座ってゆっくりと金魚の泳ぐ姿を眺めることが出来ます。この時は空いていたので少し休憩出来ました。

 

そして、最後に私が本当にすごい!と思ったのがこちらのコーナーです。

kingyo-last

なんじゃこれは!?

本当に金魚の水槽か?と疑いたくなるぐらいのアート装飾のすごさ。世界観がもう素晴らしい。

kingyo-last2

金魚と大自然の調和

外見はメルヘンでおしゃれな雰囲気ですが、そばによってみるとミニチュアサイズになった大自然を味わうことが出来るれっきとした金魚の水槽

 

私は盆栽とかも好きなので、本気で1時間くらいは見てられました。お酒をちびちび飲みながら眺めていたい。。

kingyo-last3

金魚抜きでも十分凄い

アクアリウム好きの人などはたまらないのではないでしょうか。もはや癒される。。

金魚ミュージアム(奈良祭都) まとめ

奈良県の金魚ミュージアムに行ってまいりましたが、はっきり言って予想をはるかに上回るクオリティでした。

 

それほどの広さがあるわけでもないのに入場料は1,000円。それははたしてお得感があるのか?と疑心暗鬼で入場しましたが、はっきりいって大満足!私はまったく高いとは思いませんでした。

 

こちらの金魚ミュージアムは私の想像を超えて楽しませてくれました。お買い物中にもさくっと寄って楽しめて素晴らしい!

 

画像はアート空間メインでお伝えしていますが、金魚ももちろんたくさんの種類が展示されていて、とても可愛らしかったですよ。

 

そして、声を大にして言いたいのは、この感動はなかなか画像だけでは全てをお伝え出来ないということです。

 

実際に現地に行ってみて、自分もその空間の中に入ることで、その素晴らしさを味わうことが出来ます。

 

ぜひ金魚ミュージアムに訪れてその世界観を味わってみてください!

 

(関連記事をチェック)

大阪府の「ニフレル」で生き物たちの感性に触れる を読む

太陽の塔で異次元空間を体感 を読んでみる

北野天満宮へお参り!魅力・風景を画像付きで紹介 を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA