シャープ空気清浄機のコスパ・必要機能を徹底使用レビュー【コロナ対策】

sharp

前からずっと欲しいと思っていた家電をやっと買いました。その家電とは空気清浄機もともとひどい花粉症でハウスダストなどのアレルギー持ちの私は、市販薬などを対症療法として服用していました。また、空気の乾燥や汚れはウイルスの活動を活発にさせますし、風邪などの大敵でもあります。

 

しかし、空気清浄機を買ってしまえばそんな問題も諸々解決するのでは?という事に最近やっと気づき、色々空気清浄機の効果や必要機能コスパ(コストパフォーマンス)の高い製品はないかと必死で調べていたのです。

 

というわけで、今回は私が調べた空気清浄機に必要な機能や選び方についても紹介しつつ、実際に購入したおすすめのシャープ製品についてレビューしていきたいと思います。

空気清浄機の必要機能と効果は?

空気清浄機があれば、ハウスダスト花粉といった憎いあいつらをキャッチして撲滅してくれるんだろうな、くらいの少ない知識は私にもあったのですが、実際に最近の空気清浄機はどれくらいの機能をもっているのか気になったので調査してみました。

 

もちろん価格帯によって備わっている機能は異なりますが、以下は代表的な機能、というかこの機能がないと購入する意味がないかも。。というくらい大事な部分ですので要チェック。

 

  • 花粉やPM2.5等の有害物質をキャッチ
  • タバコやペット等の嫌な臭いを脱臭
  • 加湿で乾燥を防いで体調管理

 

空気清浄機の効果について、以上の要素を1つずつ詳しく見ていきましょう。

花粉やPM2.5の有害物をキャッチ

これは買う前からなんとなく想像していた機能です。と言いつつ、花粉やPM2.5をキャッチするというのはどういう機能によるものなのでしょうか?

 

超簡単に言うと、小さい小さい微粒子の物質をキャッチ出来ますよ、ということです。そもそも、PM2.5とは、2.5µm以下の微小粒子状物質の総称です。それに比べて花粉は30µmくらい。つまり、PM2.5をキャッチできる能力があるということは、花粉をキャッチする能力もあるということですね。

 

ちなみに、2.5µm以下ってどこまで?って思いましたが、私が購入したシャープ空気清浄機の説明書を見てみると「この空気清浄機では0.1µm未満の微小粒子状物質については、除去の確認ができていません。」とありましたので、大体0.1µmまではキャッチ出来る、ということなのだと思います。

タバコやペットの嫌な臭いを脱臭

私はタバコを吸わないし、ペットも飼っていないので、脱臭機能についてはあまり深く考えていませんでしたが、におい対策としても空気清浄機は大変優秀です。

 

脱臭範囲も広く、タバコやペットの臭いはもちろん料理臭や生ごみ臭アンモニア臭や体臭(加齢臭)を捉えます。生ごみ臭を抑えてくれるのは、一人暮らしの人にも助かりますね。ゴミをほったらかしにしがちな人は特に嬉しい機能です。

 

また、人間は寝ている間に意外にたくさん汗をかいていますから、就寝中も空気清浄機を稼働させておくことで、臭いすっきりの心地よい朝を迎えることが出来そうです。消臭フィルターに活性炭などを採用していると、より臭いの吸着効果が高くなります。

加湿で乾燥を防いで体調管理

空気清浄機による加湿は、ウイルスの増殖を妨げたり、のどやお肌に潤いを与えたりと非常に重要な効果をもたらします。風邪をひきやすい私にとっては、加湿機能は大変ありがたい機能です。

 

というのも、湿度が下がって乾燥状態になると、喉や鼻の粘膜の機能が落ちてしまい、ばい菌ウイルスの侵入を許してしまうからです。結果として、風邪に繋がってしまうのは明白ですね。

 

喉や鼻を乾燥させない適切な湿度は50%から60%とされていますが、空気清浄機のおまかせ機能を使っていると、自動でそのくらいの湿度になるよう調節してくれますよ。ラクチンなことこのうえありません。

【コロナ対策】コスパ重視でシャープの商品を購入

さて、空気清浄機がよりよい生活をもたらしてくれることが分かったところで、実際どの商品を購入するかですが、私はSHARP(シャープ)のKC-H50に決めました。

sharp

SHARP(シャープ)のKC-H50

【期間限定500円OFFクーポン】空気清浄機 シャープ SHARP 加湿器 プラズマクラスター7000 KCJ50 KC-H50 の後継 ( 空気清浄23畳 加湿14畳 ) ホワイト系 抗菌 除電 脱臭 ウイルス ホコリ PM2.5対応 乾燥対策 KC-J50-W レビューCP500

価格:23,780円
(2020/12/6 22:34時点)
感想(593件)


おすすめポイントとしては、プラズマクラスター7000搭載静電HEPAフィルター&ダブル脱臭フィルター加湿と静音のうるおい「静か寝」運転が挙げられます。

 

ちなみに、プラズマクラスター7000⇒プラズマクラスター25000⇒プラズマクラスターNEXTの順に値段が上がっていきます。ということは、今回購入したのは一番下のプラズマクラスターレベルですね、コストパフォーマンス重視なのであしからず。この商品が気に入ったらどんどんプラズマクラスターレベルをあげようと思います。

 

また、加湿フィルターが10年交換不要というところに惹かれました。お手入れも比較的簡単で、給水タンクは取っ手付き本体はキャスター付きで動かしやすいなど、空気清浄以外の部分でも使い勝手が良く口コミでも高評価でした。

 

そして何より、最新モデルから少し型落ち版となるので、価格が抑えられているところが最大の魅力でした。私にとっては上記の効果があれば十分だったので、この製品がとてもコスパが良かったです。もう少しハイスペックな商品が欲しい方にも、商品ラインナップは対応していますよ。

 

そして空気清浄機を実際に使用してみると、通気口から出る空気の爽やかなこと!部屋に染み付いた匂いがクリーンになっていくのが良く分かります。

 

人間ですからおならが出てしまう時もありますが、清潔な空気の時は緑色に点灯するサーチライトがオレンジから赤色に変わりましたからね。その後勢いよく空気を排出、入れ替えたのちにまた緑色に戻りました。匂いは一瞬で無くなりましたがなんだかとても恥ずかしい。

 

また、個人的に最もおすすめな使用場所・タイミングは就寝時の寝室。なぜかというと、寝起きの部屋の匂いが溜まらないよう常にクリーンな状態に保ってくれ、また睡眠時に乾燥しがちな喉を加湿機能でしっかり潤わせてくれるからです。

 

とにもかくにも、このコスパの高さで上記の必要機能をしっかり満たしてくれるこのSHARP(シャープ)のKC-H50は最高レベルの製品と言えるでしょう。後継機も続々登場してくると思いますがそちらも是非チェックしてみて下さい。

シャープ空気清浄機レビュー【コロナ対策】 まとめ

空気清浄機必要機能・選び方購入したシャープ製品について紹介しました。花粉症かつ風邪を引きやすい体質の私には、買ってよかった!と胸を張って言える家電でしたよ。

 

今までは、部屋の換気のためだと思って窓を開け放ち、花粉とかPM2.5を部屋に引き入れたりしていたわけですしね。。今は無理に換気をしなくても、空気清浄機のおかげで部屋の中に新鮮な空気が流れていますよ。

 

また、昨今のコロナウイルスの影響で空気清浄機の需要も高まっていると聞いています。是非今回の使用レビューを参考にしていただけましたら幸いです。

 

【関連記事をチェック】

▶ 高コスパおすすめ超音波加湿器使用レビュー/電気代や性能も解説 を読む

▶ ドラム式洗濯機おすすめ3選!1位の日立製品を使用レビュー を読む

▶ Fire HD 8をミニパソコン化!使い心地を徹底レビュー を読む

▶ 工事不要のタンク式食洗器/アイリスオーヤマ使用レビュー を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA