【西友】アンガスビーフの価格や臭いは?ステーキ焼き方もレビュー

 

私は普段からよくスーパーの西友を利用しているのですが、思いっきりお肉をたべたいなあと思った時に買っているステーキ肉があります。そのお肉とはアンガスビーフ

 

圧倒的なのは、その価格の安さ!普通の国産牛肉と比較すると圧倒的低価格です。また、安いお肉で外国産ということもあり臭いのでは?と思われることも多いアンガスビーフですが、そのあたりもレビューしたいと思います。

 

また、これまでたくさん西友のアンガスビーフを食べてきた私が美味しい焼き方も紹介したいと思います。

【西友】アンガスビーフの価格は超安い

まずは、圧倒的安さをほこるアンガスビーフの具体的安さですが、私がいつも買っている西友の肩ロースステーキの価格は以下のとおり。

angus1

アンガスビーフは低価格!

なんと税抜き価格は100gあたり驚きの187円です。鶏肉や豚肉より安いのではないでしょうか。国産の牛肉なら大したブランドで無くても100gあたり300円~500円くらいかと思います。大体半額くらいではないか。

 

細切れとか端切れとかではなくステーキなので思い切りかぶりつくという快感が味わえてこの価格ですからね。

angus2

341gの大サイズ

大きさの比較ですが、一般的なリモコンと比べてこの大きさ。そしてこの大きさ(341g)で税抜き637円

 

外食は人件費や店舗維持費など様々な要素があるので原価うんぬん言うつもりはまったくありませんが、チェーン店でもこのグラム数を食べようと思うとすると結構な値段になると思います。

 

ちなみに、私はどちらかというとインドア派なので、安価でお家でがっつりお肉を楽しめるという点でもアンガスビーフが気に入っています。

【西友】アンガスビーフは臭いの?

たまに聞くのは、アンガスビーフって匂いが少し気になるという話。尾ひれがついてかアンガスビーフ=臭いと思っている人もいるようで。。。

 

個人的な感想は別に全然臭わない!鼻がよくきく人が高級なお肉と比較すると、牛肉っぽい野性味の匂いを感じるのかもしれませんが、普通に食す分にはまったくの無問題

 

強いて言うなら、購入から少し時間が経つと牛乳っぽい匂いが強くなることがあります。でも、それは他の牛肉でも同じようなレベルでしょう。気になる程ではありません。

アンガスビーフの美味しい焼き方レビュー

では常日頃、西友のアンガスビーフを食べまくっている私が美味しい焼き方のレビューをしたいと思います。今回、購入したアンガスビーフはやや脂身が多く少し筋もありますのでその点を考慮しましょう。

 

ちなみに、アンガスビーフの強みは赤身の美味しさと言われていますが、私は脂身部分も肉を食っているという感じがして結構好きです。

 

まずは、包丁でもハサミでもいいのでしっかり筋切りをしていきましょう。アンガスビーフはさすがに高級肉と比べて筋は多いです。まったく筋切りしないと結構硬くて、グニニ。。。となってしまうことが高確率であります。

 

軽く筋を切っておけば問題なく美味しいので、手間を惜しまず下処理をしましょう。

 

そして、次は肝心の下味付け。これは個人の好みにもよるので一概には言えませんが、私は圧倒的にシンプルな塩コショウの味付けをおすすめします。アンガスビーフは赤身の肉の風味が強く、シンプルな味付けでこそその美味しさが生きると思うからです。

angus3

筋切りと下味をしっかり。

ではいよいよ焼いていきましょう。お肉は焼く前に常温に戻しておいてください。取り出してすぐ焼いてしまうとお肉の中心が冷たいままなので上手く焼くことが出来ません。

 

アンガスビーフの表面はカリッと焼くのがおすすめ。赤身と脂身のバランスの良さが引き立ち、食べ応えが増しますよ。油を薄く引き強火にしていよいよ焼いていきます。

angus4

カリッと焼き上げ

片面3分・裏面2分で焼いているのが上の写真です。

angus5

ミディアム~ウェルダンの焼き加減

そうすると、ミディアム~ウェルダンの間くらいの焼き加減になります。あまりレアすぎると、赤身の匂いが少し気になる。。という方もいるかもしれません。アンガスビーフはミディアムくらいが一番いいと思います。

 

そして言わずもがな、味は超美味しい!ステーキ肉の分厚い食べ応えが凄い。やっぱり赤身と脂身のバランスがちょうどいいので、赤身好きにも脂身好きにも喜ばれるお肉です。

 

これが100gで187円ってやっぱり安すぎると思います。コストパフォーマンスがえげつない。

【西友】アンガスビーフの価格や臭い焼き方 まとめ

超おすすめのアンガスビーフを紹介レビューしてみました。これまでに述べたとおり、価格については申し分ない安さ。気になる匂いもまったくの問題無し。

 

お財布が寂しいけれど、今日はがっつりいきたい!という日にうってつけの救世主のようなお肉。アンガスビーフ向けのおすすめの美味しい焼き方も是非実践して見て欲しいと思います。

 

【グルメ関連記事】

ケンタッキーのとりの日パックは本当にお得?徹底調査 を読む

ふるさと納税返礼品/鹿児島県産黒毛和牛モモ肉2020gを実食 を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA