偏頭痛の治し方まとめ/原因を知って痛みの元を和らげましょう

headache

油断したときにおそいかかってくる偏頭痛のあの痛み!思い出しただけでげっそり。偏頭痛の原因って何なんでしょう?痛みの治し方や痛みを和らげる方法は?とお悩みの方も結構多いのではないのでしょうか。

 

自分自身も学生の時分から偏頭痛持ちで、かれこれもう長い付き合いになります。でも風邪や病気とは違い、すぐに病院へ行かなくちゃ!と大事にはならないのもまた偏頭痛の特徴かもしれません。

 

中途半端な対応をしてしまった結果、一日中、運が悪ければ次の日もズキズキに付き合わなければならないこともままありますね。。

 

今回はそんな偏頭痛の原因を探り、その状況に応じた治し方や痛みの和らげ方を4つご紹介したいと思います。

偏頭痛の原因を知る

偏頭痛の原因を簡単に説明すると、頭の中の血管が拡張して周囲の神経を圧迫して炎症を起こしそれが痛みとなる、ということになります。

 

ストレス過労ホルモンバランスの乱れといったものから、チーズワインなど特定の食べ物が偏頭痛の原因となることもあるようです。

 

ちなみに、雨の日など気圧の低い日によく偏頭痛になることもあります。大気圧の低下により血管が膨張して頭の神経を圧迫していると思われます。どうやら低気圧も偏頭痛と因果関係がありそうですね。

偏頭痛の治し方・和らげ方 まとめ

偏頭痛の治し方・和らげ方として、比較的ぱっと挙げられる方法としては以下のものがあります。

 

  1. 静かな暗い部屋で安静にする
  2. 患部を冷たいタオルなどで冷やす
  3. コーヒーなどでカフェインを摂取する
  4. 規則正しい生活とストレスの解消に努める

 

それぞれ個別に見ていきましょう。

静かな暗い部屋で安静にする

この対処法が出来る状況であるなら、こうするのが一番です。偏頭痛になっている時は、光や音に敏感になっているので、部屋を暗くしてテレビも消してゆっくりしましょう。間違ってもスマホをいじったりしてはいけませんよ。

 

身体も気持ちもリラックス出来る状態にしてあげてください。痛みも少しずつましになっていくはずです。

患部を冷たいタオルなどで冷やす

偏頭痛になっている時は、頭の中の血管が過度に広がり炎症を引き起こしているわけなので、冷やしてあげることで血管の収縮を狙います。

 

いつでも横になって休める状況とは限らないですから、比較的手軽に出来る対処法だと思います。逆に痛む箇所を温めたりマッサージすることはやめましょう。血流が良くなり、血管が広がることで症状が余計ひどくなってしまいます。

コーヒーなどでカフェインを摂取する

朝起きた時は「少し痛いかな?まあ大丈夫だろう!」と思って出勤すると、仕事途中から痛み出すことはままあります。職場出先では、頭を冷たいタオルで冷やすようなことも少し難しいですよね。

 

より手軽な方法としてカフェインを摂取するという方法があります。カフェインには血管の収縮作用があるので、拡張した血管を抑えることが出来るわけです。もちろんカフェインを含んでいればいいわけで、紅茶緑茶でも問題ありません。

 

ただ、比較的症状が軽い時の対処法であり、カフェインの取りすぎで逆に頭痛が起こったりすることもあるので取りすぎには注意してください。また寝る前にはやめておきましょう。

規則正しい生活とストレスの解消

これはもう究極の治し方ですね。偏頭痛どころか生活習慣病など幅広い病気の予防になることでしょう。ストレスは頭痛の大敵ですので、日ごろから規則正しい生活とストレス発散を心がけることはやはり大切なことですね。

私が普段飲んでいる市販薬を紹介

偏頭痛が起こった時には、皇漢堂製薬株式会社のアダムA錠という市販薬を飲んでいます。

【第(2)類医薬品】★薬)皇漢堂薬品/アダムA錠 60錠

価格:464円
(2020/12/6 17:12時点)


最初はコナリスIPという薬を飲んでいたんですが、これが私にはよく効きました。大体1時間もすればすっかり元通りになってましたから。

 

でもその市販薬が近くの薬局で見当たらなくなってしまったので、同じ成分のアダムA錠を買うことになったわけです。値段も安く、こちらも同様によく効きました。ご参考までに。

偏頭痛の治し方/痛みの原因と和らげ方 まとめ

ふとしたときにやってくる辛い偏頭痛。あの痛みは出来ることならもう二度と味わいたくないですよね。一度なってしまうと長い付き合いになるので、そうも言えませんが。

 

対処法は

  • 静かな暗い部屋で安静にする
  • 患部を冷たいタオルなどで冷やす
  • コーヒーなどでカフェインを摂取する
  • 規則正しい生活とストレスの解消

 

でしたね。

 

ご紹介したのはあくまで簡易的な対処法ではありますが、なってしまう時はなってしまうものです。是非試してみてください。普段からならないような努力も大切ですが、痛みがひどい時はあまり我慢せず病院にいくようにしましょう。

 

この記事を読み終わったら、ゆっくり休むようにしてください。

 

【あわせて読みたいおすすめ記事】

ちゃんと寝られてますか!?不眠症の原因・改善・治し方の決定版 を読む

お腹の弱い私が真剣に調べた「お腹を下す」原因と予防法はこちら を読む

食事がまともに食べられない/辛い口内炎を一刻も早く治す を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA