おすすめマンガ「ハイスコアガール」読書レビュー/懐かしいゲーム盛りだくさん

2018年7月~9月にアニメ放送され、2019年3月25日に最終巻となる10巻が発売される押切蓮介さんの、懐かしいゲームが盛りだくさんに登場する青春ありギャグありの漫画「ハイスコアガール」について紹介します。

【予約商品】ハイスコアガール 全巻セット(全10巻セット・完結)押切蓮介

価格:5,380円
(2020/12/6 16:48時点)

  • 2012年ブロスコミックアワード大賞
  • 2013年『このマンガがすごい!」オトコ編2位

 

などを受賞されています。

 

対戦型格闘ゲームを通して出会った主人公とヒロインたちによるお話が中心となって進みますが、1990年代が色濃く感じられる雰囲気やたまに登場する駄菓子の描写など「そんなのあったなあ~!」と思わず懐かしい気持ちを盛りだくさんに味あわせてくれる作品になっています。

 

ギャグ、ラブコメディなどの青春チックな要素もあり、時折クスっと笑えてちょっと泣きそうになる、そんな漫画です。

おすすめマンガ「ハイスコアガール」読書レビュー

ゲームを通した出会い(大野 晶)

ヤニ臭いゲームセンターに日々通って格闘ゲームの火付け役となった「ストリートファイターⅡ」をやりこみ、豪指のハルオ(自称)として自信満々だった小学6年生の矢口(やぐち)ハルオ

 

そんなハルオが8連敗し、その日通算28連勝するのが後のヒロインとなる大野晶(おおのあきら)です。

 

晶は成績優秀・眉目秀麗・名家の娘とハルオとはまったく別世界の人間であり、とてもゲームとは無縁な人生だと思われるのですが、逆にそんな人間である晶に惨敗したことで対抗意識を燃やしまくるところから、2人の物語ははじまります。

 

ちなみに1話は、ハメ技(せこい)を多用して勝利したハルオが晶にぶん殴られて終わります。1話の締めはその後の作品を作用するほど大事なシーンですがなかなか印象的でしたね。

 

最初こそ敵対していたハルオと晶ですが、やはり同じ趣味(生きがい?)を持つ仲間でもありますからね、時に対戦したり共闘する中でお互いを理解していきます。

 

特に晶は名家の娘であることから、文武両道の厳しい教育をされています。ゲームは、そんな晶が心から楽しめるもう一つの大事な世界だったんですね。

 

時にハルオはそんな家庭環境から晶を連れ出したりすることで、お互いライバルであり仲間であるという関係になっていくわけです。

 

こう書くとハルオと晶はお互いにたくさんの意見を交わしているようですが、晶はまったく喋りません。唸るかもじもじするくらいで、主な感情表現は暴力です。そんな晶の心情を巧みに読み取るハルオがすごい。

 

一巻の終わりでは、晶がロスに旅立ちます。短い期間でしたが、2人の間には確かな絆が生まれており、辛い別れとなります。ライバルの不在の間も腕を鍛え、次に会えた時には互角に戦えるようにと誓うハルオでした。

もう一人のヒロイン(日高 小春)

そして、もう一人のヒロインとして登場するのが日高小春(ひだかこはる)です。こちらのヒロインはやさしい性格ですが、晶と比べると感情表現は割としっかりしています。

 

中学生になったハルオはあいも変わらずゲーム三昧ですが、そんなハルオを気ままで楽しそうだなと同じクラスの小春は思ったのです。

 

小春の実家は酒屋ですが店先にゲームの筐体を設置しており、ハルオも羨む練習環境が整えられています。

 

しかしながら小春もどちらかというと普通の女の子ですから、あまりゲームには興味がありません。それでも、ハルオとの交流の中でゲームの楽しさにはまっていくこととなります。

最終巻10巻を読みました!

3月25日発売の最終巻10巻を読みました!

 

一言でいうと「すごいきれいにまとめたなあ~」でした!内容自体もそうだけど、中だるみせずに10巻できれいに作品が完結するのがとてもよい。

 

最終巻の内容は主に、ハルオと晶の格闘ゲーム&恋愛の最終決戦というところでしょうか。格闘ゲームはまだしも、恋愛の面でははっきりと口に出すことはお互いにありませんでした。

 

その関係にも、本最終巻で決着をつける必要があります。そして、その決着にゲームはどのように絡んでくるのか。。その表現に思わずウルっと来るシーンが結構ありました。

おすすめマンガ「ハイスコアガール」読書レビュー まとめ

この作品は、懐かしのゲームの紹介とゲームを取り巻く人々の人間模様がとても上手い具合に描かれていると思います。

 

内容・操作性・グラフィックともに進化を続けるゲーム業界ですが、この作品のような時代があってからこそ今があるんだなと感じます。

 

その当時の少年たち(あるいは青年たち)の興奮がリアルにこちらに伝わってくるようです。読んでいると、なんだかゲームがしたくなってくるそんな魅力に溢れた作品となっています。その興奮は是非本作品で確かみてみろ!

 
まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売サイト「ebookjapan」

【こちらの漫画レビューも】

将棋が好きでもそうでなくても!「3月のライオン」読書レビュー を読む

漫画なのに音楽が聴こえてきそうな「ピアノの森」読書レビュー を読む

絶対笑える!「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」読書レビュー を読む

女子学生のほのぼのギャグ漫画「あそびあそばせ」読書レビュー を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA